Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエストバージニア

ウエストバージニアは、森がたくさんあり�X
美しい緑に囲まれた州でした。
5月という季節もあって、緑のなんて鮮やかなこと!
乾燥しているロスでは見られないグリーンでした。

そんな大自然に囲まれた美しいところでも
私にとっては戦地のようなもの。
空港から病院に向かう車の中から、鮮やかな緑を眺めながら
私は気持ちを戦闘態勢にもっていったのでした。�撣�邼�B���[��B

まず困ったのは、言葉です。
もちろん、医療用語はチンプンカンプン。
長年アメリカに住んでいて、
はずかしながら私の英語はカタコト。
そしてここは東なまりのイントネーション。
英語の意味がさっぱりわからん!
最初聞いたときはフランス語かと思った!jumee��faceA75

ダンナさまがまだ仕事をしていた頃、
ニューヨークの人と電話で話すのは大変!といっていたけど、
こういうことだったのね!
ある程度人並みに英語をしゃべれるダンナさまでさえ、
”英語のしゃべれる人に変われ!”などと言われたらしいから。

もう私の英語など、チャンチャラおかしい!と思われていたことでしょう。�͂�

それでもここは病院!
皆やさしく私の英語をきいてくれて、やさしく喋ってくれました。
とにかく田舎の人はやさしいです!
特に私なんかチンチクリンの日本人。子供に見えてもおかしくない!?�A�b�v���[�h�t�@�C��
英語も分からない東洋人がかわいそうに見えてたかも?

とにかくここは田舎です。(ウエストバージニアの方々ごめんなさい!)
ロスと違って東洋人なんてほとんどいないところ。
私達は病院のカフェテリアを歩いているだけで、
皆にジロジロ見られていました。(まさか!人種差別!?���[
そして、荒くれ者はどこでも大音響で車を走らせていますが、
ここでは大音響で流れているのは。。。
カントリーミュージックでした!jumee��faceA148

つづく

ブログランキングにポチッとお願いします!明日への活力になります!
�N���b�N���ĂˁB


スポンサーサイト

最後の砦、福島先生に命を預ける!

手術の前の診察で始めて福島先生に会ったとき、本当に安心しました。
これでなんとかなる!という思いでした。
(わりとハンサムだし、好感度がいい!)���ւց[��
が、しかし。。。手術の前日の話し合いで、現実を突きつけられたのです!�K�[��

ダンナさまの腫瘍は神経と大きな血管にくっついていて、
それがうまく剥がせなければ大変なことになる。
残念なことに、脳腫瘍の手術を1回ロスでしてしまっているので、
残りの腫瘍が癒着してしまって、手術が余計難しくなるというのです。
(人間の身体は1回メスを入れると、そこを治そうとする力が働き、その働きで周りの組織にくっついてしまうのです。簡単にいうとそういうことです。)

へたをすると植物人間になる可能性も。
頭を開けてみないと、いくら福島先生でも何が起こるか予想がつかないのです。

私は長年歯医者のアシスタントをしていたのでよくわかります。
レントゲン上と、いざ治療を始めて中を見たときでは、治療の方向性が変わってくる。
よくあることです。

そんなことを理解したうえで、福島先生の経験と知識とテクニックに
ダンナさまの生命を預けました。

大事なことは、自分の選んだドクターに全信頼をおき、
その姿勢をドクターに見せることです。

こちらの覚悟を全身全霊で表すと、ドクターもナースもそれに答えてくれます。
すべてこちら次第なのです。

病院まかせ、医者まかせはよくないですよ!
こちら側の病に立ち向かう覚悟をみせましょう!

ということで、全て福島先生にお任せします!と覚悟を決め、
頭を下げたのでした。

福島先生は私たち夫婦の期待に絶対答えてくれると信じて。。。

つづく
�a�@福島先生を知りたい方は、左のリンクから”ドクター福島”をクリック!

ブログランキングに参加しています!
ポチッとしていただけたらうれしいです!
�N���b�N���ĂˁB






いざ!出陣!ドクター福島1回目の手術。

朝5時半に手術の準備がスタート!
眠い目をこすりながら手続きを待ち、
手続きが始まったと思ったらあれよあれよという間に
ダンナさまは手術着でベットへ。

ナースが準備に来たと思ったら、続いて麻酔科医があいさつに来て、
最後に執刀医の福島先生が来ました。

そうなるともう手術室に運ばれるだけです。

私は最後まで見送り、家族の待合室へ。

待合室では受付をしなければなりません。
ちょっと外に出るのも伝えなければならないのです。
そして戻って来たらまた報告するのです。

手術中万が一何かあった場合に家族がどこにいるか
直ぐに把握できるようにする為です。

待合室には飲み物とクラッカーなどが置いてあります。
そしてICUと同じ階なので、菌の繁殖を抑えるため
メチャクチャ寒いのです。
私は途中でブランケットを取りに行ったぐらいです。

(そのおかげで後々熱を出してしまったのですが。。。)

まわりは家族が何人もいて一緒に待っています。
友達が駆けつけたりして。

私は知り合いもいないところで、一人で何時間も待たなければなりません。
少々悲しくなったことを覚えています。

手術の経過報告に福島先生のアシスタントが何度か話に来てくれ、
もう少し、もう少しと我慢したものです。

そして夕方4時に無事手術が終わり、
福島先生が手術の説明をしてくれました。

ICUに移って落ち着くまで、まだ1時間かかるというので
私はファミリーハウスに戻って休んだのでした。

ずっと気がはっていたので、ものすごくほっとして
ベットに倒れ込みました。

しばらくすると、ICUからの電話で起こされました。

ダンナさまが目を覚ましたのです。

私は急いでICUに行きました。
早く自分の目で確かめたかったのです。

つづく

�L�e�B�����葵さんの人物像は左のリンク”葵ちゃんの日記”をクリック!

ランキングに参加中!ポチッとしていただけたらうれしいです!
�N���b�N���ĂˁB




手術は成功したけれど。。。

ダンナさまの顔を見てほっとしました。
しばらくICUにいましたが、
朝が早かったので、ファミリーハウスに戻り
床に就きました。

ところが、夜中の電話で起こされたのです!jumee��telephone1a

麻酔からさめたダンナさまがあばれているので来てくれというのです!

ナース達は、ダンナさまが英語を理解できなくて
言うことをきいてくれない思ったらしく、
私に日本語できちんと言ってくれということでした。

ダンナさまの方が英語が達者だっていうのに。。。

とにかく、隣の病院に駆けつけました。�_�b�V��

行ってみたら、まあ大変なことに!���[

あばれるので手をベットに縛られ、大声でわめいていました。

目つきはギンギンで、麻薬中毒者?みたいでした。

ダンナさまは自分の置かれている状況が理解できず、
困惑しています。

私はゆっくりと、落ち着いて、手術したということを
いちから話ました。

ダンナさまの言い分は、
高い金を払っているのにナース達が自分の言うことをきいてくれない。
というものでした。

うーん。あっているような、あっていないような。。。

ご存知かと思いますが、アメリカの医療費はべらぼうに高い!
ICUは1泊100万円から、普通の病室ですら1日20万くらいかかります。
保険が無かったらさよなら~です。jumee��faceA75

ダンナさまはそれが言いたかったのか?
しかし、どこかの高級ホテルにいると錯覚しているフシもある。
一般庶民である自分たちが100万もする部屋に泊まることなんて
ありえないのに。。。jumee��faceA148

とんちんかんなダンナさまの言うことを
まともにきいてたらこっちが大変だ!と考え、
とにかく話を合わせてなだめました。

私は寒い寒いICUで、ブランケットを羽織って
朝まで付き添ったのでした。
(とにかくICUは菌の繁殖を抑えるため温度が低いのです)

つづく

�L�e�B�����葵さんの人物像は左のリンク”葵ちゃんの日記”をクリック!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたらうれしいです!
�N���b�N���ĂˁB




またもや生命の危機が!

ICUで凶暴なダンナさまに朝まで付き合い、
おとなしくなったところを見計らって
私は一旦ファミリーハウスの部屋に戻りました。

疲れ果てて寝ている私は再びICUからの電話で起こされたのでした。

またかよーjumee��faceA148と思いながら行ってみると、ダンナさまはおとなしいではありませんか!
なんで呼ばれたんだ?�͂Ă�
しかも様子が変なのです。いまにも死んじゃいそうな静けさでした。

ダンナさまに
”どうしたあー?”ってやさしく声をかけると、

”ごめんね”って。

それがまるで最後の言葉のようにそう言って目を閉じたのです。

エッー!死んじゃうのー!���[

なんだか分からないけど涙が出ました。jumee��faceA76

この時ダンナさまの脳は、髄液が溜まり腫れていたのです。

福島先生の判断は明日にでも残りの腫瘍の手術をするというものでした。
(もともと手術は一度に全摘すると生命にかかわるので、2度に分けてする予定でした。
 はじめは取れるところまでやって、一旦ロスに戻り、1ヶ月後に最後の最も危険な
 部位を手術するということだったのです。)

これもまた、1週間内に全身麻酔で大きな手術をするというので、
身体に負担がかかり、とてもリスクのあることでした。
そして最悪の場合、
手術しても意識がもどらないかもしれないと言われたのです。�K�[��

緊急事態です!
ダンナさまの家族にすぐ連絡をして
日本から飛んできてもらうことにしたのです!��s�@

ダンナさまは緊急処置として
頭に穴を開け、そこにチューブをさして
髄液を取り出すことになりました。

これでうまく髄液が排出されなければいっかんの終わりです!jumee��wing1b

ICUでダンナさまの頭に穴を開ける作業が開始されました。
まだ若い女性のドクターがやってくれたのですが、
私は少し不安でした。
見た目で判断してはいけないのですが、
ちょっと疑ってしまいました。

そして私は、
ただ成功を祈るしかありませんでした。

つづく

�L�e�B�����葵さんの人物像は左のリンク”葵ちゃんの日記”からどうぞ!

ランキングにご協力ください!励みになります!
�N���b�N���ĂˁB


Appendix

Recent Trackbacks

Profile

葵林檎さん

ロサンゼルス在住20年。
はずかしながら未だに英語が苦手です。
頼りにしていたダンナさまが脳腫瘍になってしまってここまで強くなりました。壮絶人生と人はいうけれど、なんとかここまでやって来ました。夫婦の泣き笑い劇場ぜひご覧下さい。

Extra

プロフィール

葵林檎さん

Author:葵林檎さん
ロサンゼルス在住20年。
はずかしながら未だに英語が苦手です。
頼りにしていたダンナさまが脳腫瘍になってしまってここまで強くなりました。壮絶人生と人はいうけれど、なんとかここまでやって来ました。夫婦の泣き笑い劇場ぜひご覧下さい。

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

クリックしていただけたら嬉しいです!

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

健やか総本舗亀山堂

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2アフィリエイト

ショッピングカート

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。